いつも読んでいただき、ありがとうございます。

私は自己実現共創コミュニティRivertyの代表を務めておりますが、そこでは「在り方」を重要視しています。この「在り方」を定めていると自分の行動指針が分かり、ブレなくなり、目的地まで最短距離で突き進むことができる、つまり自分の決めた道で幸せになれるからです。自分がどこに向かいたいのか分からないまま取り敢えず日々の労働に勤しむ人生を、折角生まれてきたのに勿体ないなと思うわけです。休日だけのために生きるんじゃなくて、365日、毎日我が目的のために生きよう。そのほうが楽しい。

コマには軸があるからこそ、回転し遠心力と求心力が生まれます。人間にも軸をがあることで、自分を世界に広げ、また求めるモノを引き寄せる求心力が生まれます。在り方はあなただけの軸です。本日は「在り方」の設定方法を簡単にご紹介します。

自分が最高に幸せになれる世界観

世界平和など、いいことを設定するのではなく、叶ったら最高だなと思えることが大事です。ワクワクできるかどうか、ニヤッとしてしまうかどうかが大事です。

私の場合は時代のうねりを乗りこなし自由自在に生きるという意味の”Riverty”という上位概念と、存在自体が人々の心の拠り所になれる者を増やす”最後の砦連合”の下位の在り方の二重構造を設定して生きています。在り方を設定すると、意思決定で悩むことがなくなります。

お金や道徳、周りの声に縛られるのではなく、自分の定めた在り方で自ら縛ることにより、自分だけの人生を歩むことできます。ブレない自分を作ることにより、信頼が自然と集まり、応援されやすく、より生きやすくなります。

「在り方」は更新制

心の在り方にバシッとハマる言葉を探すのは、旅のようなものです。自分の心のカタチに即した言葉で、在り方を定義すると、エネルギーが湧き出てくるのを感じます。そうした言葉が見つかるまでは常に、良い言葉を探し、更新していきましょう。心のモヤモヤの形に即した言葉を探していきましょう。

在り方を見つけるヒント

自分の過去の体験から

自分のエピソードから、在り方を探ってみましょう。

私の幼稚園のエピソードをお話しましょう。入園記念に、折り紙でチューリップを作ることになったんです。僕はそこで初めて折り紙に触れたんだと思います。折り紙を端を折って△の形を作ったときに、その三角形に感動して、次の工程(両端を折ってチューリップにする)を拒んだんですね。周りから頭おかしいんじゃないかって思われましたが、先生が許してくれました。笑

皆がチューリップの折り紙を首からかけているのに、僕だけ赤い三角形をぶら下げてました。

⇒周りには流されずに、自分の決めたことを貫きたい⇒一人ひとりが生き方を決める世の中にしたい

自分の名前のルーツを探る

名前の由来や、漢字の語源を調べて、自分の在り方に取り入れる方法です。自分だけの在り方にしたいという場合にとても有効です。名前とは、生まれおちて名もない存在に与えられた最初の呪いです。ドラクエの呪いの装備のように、一生外せないものです。だからこそ、意味があるんじゃないかって思います。

私の名前を漢字表記すると「塁」なのですが、これには「お城を守るとりで」という意味があります。そこから転じて大事な人を守れるように、という意味に昇華します。

このように名前から、自分を定義しても良いでしょう。なかなか面白いですよ。「自分の名前漢字 語源」のように検索するとヒットします。

憧れの人の生き方や企業理念を参考にする

ニヤッとできる可能性が高いのがこの方法です。理想の人の生き方を言葉にしましょう。映画やドラマや小説など、架空の人物の世界観を取り入れてもよいでしょう。在り方を見つけるために、漫画を読んでみるものいいですね。

あとは好きなブランドや商品、会社のコンセプトを調べるのも良いでしょう。

ブランディングになる

いかがでしたでしょうか。在り方はあなたのブランディングにもなりますから、言葉にしてみましょう。ブレないことであなたに信用が生まれ、お仕事に繋がっていきます。また、自分の生き方を言語化することで、なりたくない自分を拒絶することができます。上手に言葉で自分を縛っていきましょう(ルール化)。軸を設定することでどうすべきかは見えてくるでしょう。

ライン@登録はこちら

ライン@から副業・起業相談、無料で受け付けております。

「ひとまず話を聞いてほしい!」でも結構です。ご遠慮なく仰ってくださいね。

その他、勉強会やお得なイベント情報も不定期でお知らせしております。

おすすめの記事