転売ビジネスなどの物販系は、「安く仕入れて高く売る」数を多くこなすことで利益を出します。商品を自社で用意するわけでもないので、個人のブランドが無くても稼げます。転売ビジネスが誰でもできると言われるのは、生まれ持った個人の能力は関係ないと考えられているからです。また誰でもできるということは、人に任せることもできるので、アルバイトを雇ったりすれば少しの労力で何千万・億を稼いだりするチャンスもあります。

私はその道はあまり詳しくありませんが、ジョージさんやTestuさんはそれで自立して生計を立てているので、気になる方はライン@を登録して問い合わせをすると良いでしょう。

一方私は何で生計を立てているかというと「教育」と「スキル(専門知識)」です。スキル(専門知識)は具体的には「占い」「人格分析」「勉強法」です。子供たちと関わるのが好きなので、家庭教師をしたり、夏休みや春休みなどでは大きなホテルに向かい集団授業をしています。また自宅では「占い」をしています。これらは「個人のブランド」によって依頼が来ます。同じようなコンテンツを提供している人は山ほどいますが、依頼するなら「るいさんに依頼したい」と来るような流れです。

スキル販売は不労所得になりえる

スキル販売系も転売ビジネスと同じように誰でもできますが、個人の影響力によって依頼数が変わります。そりゃいきなり「占います」とネットで発信したところで、その人に占ってもらう理由がありませんから、おそらく売れないでしょう。しかし、個人の影響力があれば依頼が止まないということもあります。

スキル販売は個人の影響力に左右されるため、なかなか人に任せることができませんし、労力も0にはできません。しかし、ノウハウや考え方を書籍にしたり、作品・コンテンツを作ることで「ストックビジネス」が可能になります。それならば売り出す段階では労力はいらないですね。

転売ビジネスとは違ってすぐに稼ぐのは難しいかもしれませんが、個人の影響力が強まれば強まるほど、自分のサービス・コンテンツが流行っていき、語弊を恐れずに言えば「勝手に」依頼がくるようになります。そして自分の好きなことを提供してお金を頂いているため、実感としてかなり生きやすいです。個人の影響力と言いましたが、私は世間に顔を出しているわけではありません。したがって、誰でも自分を売り出すことは可能です。

それではスキル販売に向いている人の特徴を書きます。

スキル販売で成功できる人の三つの特徴

自己発信が好き

例えばTwitterなどで発信するのが大好きな人。日々の発信がセルフブランディングになります。気づいたらTwitterで呟いちゃう人はかなり向いてるんじゃないでしょうか。

ファンを創造し、自分だけのコミュニティを作り上げていくと、お金を稼ぐハードルがかなり低くなります。ブランディングによって、自分が本当にやりたかったことができるようになるケースもあります。例えば教育や占いで有名になってから、本当にやりたかった「音楽で稼ぐ」が実現できるかもしれません。

好きなことや専門知識がある

好きなことと書きましたが、好きなことを持ってるだけではしょうがありません。好きなことや好きなことに関する知識を使って、人の役に立てないかを考えましょう。好きな事がなくても、お役立ちの情報を持っているかどうかが重要です。例えば節約術、勉強法、効率的な〇〇のやり方等のノウハウがある等。自分の携わっている業界を専門性に置くと良いでしょう。

コツコツできる人

転売ビジネスと同じですが「コツコツできる人」である点は変わりません。副業など、一人で稼ぐとなれば継続性がなければ成果を出すことはできません。転売ビジネスとは違う点は「何をコツコツするか」です。人によって、これは継続してできるけど、あれはなかなか続かないというものがあるでしょう(結局習慣化すれば人間はなんでもできてしまうのですが)。

スキル販売では自己発信やメディアに関するところをコツコツやる必要があります。転売ビジネスだと「リサーチ」「仕入れ」「商品撮影」「在庫管理」「発送」など、いろいろ見なくてはならないところがあるとは思いますが、スキル販売ではそこまで多岐に渡ることはないので、継続できる人も多いのではと感じます。

 

ライン@登録はこちら

ライン@から副業・起業相談、無料で受け付けております。

「ひとまず話を聞いてほしい!」でも結構です。ご遠慮なく仰ってくださいね。

その他、勉強会やお得なイベント情報も不定期でお知らせしております。

おすすめの記事