こんにちは。

前回は「実践して分かったせどりの良いところ・悪いところ」をご紹介させて頂きました。

今回はせどりの商品仕入れ場所について見ていきたいと思います。

これからせどりを始められる方にとっては、どこで商品の仕入れを行えば良いのかイメージがわかない方も多いのではないでしょうか。

少しでも参考になればと思いますので、どのような場所で仕入れできるかを見ていきましょう。

 

リサイクルショップ

 

 

せどりをしていますと言うと、「ブックオフで仕入れして売るやつですよね!」とよく言われました。

そのくらい数年前までは主流だったやり方です。本だけに限らず、家電やアパレルなど幅広いアイテムが安い値段で売られています。

まずは得意なジャンルを作っていくことをオススメします。

 

家電量販店

 

 

ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店も良い仕入れ先になります。せどりにおいて、家電は扱いやすいジャンルと言えます。

なぜなら新商品が出るたびに、「型落ち品」が安くで販売されるようになるからです。

また単価が高額な物も多いので利益が出やすいと言う理由もあります。

まずは型落ち品を中心に探してみましょう。

 

スーパー・ホームセンター

 

 

イオンなどの大型スーパーやホームセンターも仕入れ可能です。

どこのお店もそうですが、新商品が入る度に売り場を作るため「在庫処分」を行う必要があります。

そうなると本来の価値より割安で販売されます。

ワゴンの中にある商品や割引シールが貼られている商品も利益が取れやすいので必ずチェックしましょう。

 

アウトレットショップ

 

 

アウトレットショップと聞くと中古品に近いイメージを持つ方も多いかと思います。

実際は「訳あり」と言うだけで、型落ち品や大量仕入れの為など、新品の商品も置いていたりします。

「訳あり」の理由をチェックして掘り出し物を見つけましょう。

 

ネットショップ

 

 

販売先としてネットショップを利用しますが、もちろん仕入れ先としても利用できます。

楽天やアマゾンなど大型のECサイトに限らず、インターネット上では無数の店舗が存在します。

家にいながら商品を購入でき、配達もしてもらえるので労力が少なくて済みます。

ただし詐欺サイトも多く存在するので、信頼できるサイトかどうかの見極めも重要になります。

 

フリマサイト

 

 

ヤフオク・メルカリを始め、ここ最近で急成長している市場です。個人間での売買になるので、値段のバラツキが大きいという特徴があります。

なのでフリマサイトで仕入れをして、フリマサイトでそのまま売るだけで利益が出ることもあります。

運営サイトが仲介してくれるので詐欺に合う心配はありませんが、「評価」が良くない出品者からの購入には注意が必要です。

 

海外

 

 

これまでは国内だけでのお話でしたが、国境を越えて商売する方も多くいらっしゃいます。

海外で仕入れた物を国内で販売するのもいいですし、国内で仕入れた物を海外へ販売することも可能です。

仕入れ先としては、中国からの輸入が人気です。また欧米のブランド品を扱う方法もあります。

 

まとめ

 

 

色々と書きましたが、一言でまとめますと、「仕入れ先は無数にある」と言うことです。

例え定価で売られている物でも希少性があって品薄な物であれば、プレミア価格で販売ができて利益が出ます。

また、お店の方に値引きしてもらうことで利益が出ることもあります。

せどりをする人が増えて「今後飽和するのでは?」と言う声を聞くことがあります。

先ほど挙げたように、商品の価格差が生まれ続ける為、せどりが出来なくなることはありません。

ですので安心して取り組んで頂ければと思います。

 

ライター: 大西 哲也

ライン@登録はこちら

ライン@から副業・起業相談、無料で受け付けております。

「ひとまず話を聞いてほしい!」でも結構です。ご遠慮なく仰ってくださいね。

その他、勉強会やお得なイベント情報も不定期でお知らせしております。

おすすめの記事