Panasonicの松下幸之助氏が従業員を雇うとき、「あなたは運が良いですか?」と質問したそうです。

その返答を運が良いと答えると採用し、悪いと答えると優秀な方や家柄の良い方でも不採用にしたという話があります。

実は、運というものは考え方によって、大きく左右されます。

運なんてと思われた方も、これを読んだ後は、あなたの起業の成功確率はぐんと上がります。

 

あなたは運が良いですか?

 

 

松下幸之助氏は、何をもってその質問をしたのか?その人の考え方を問われているものでした。

人はそれぞれに幸せなことや不幸を経験していますが、この日本で生まれ落ちたこと自体がまず幸運です。当時の日本でも、明日すぐに衣食住に困る方や、生命の危機に晒されているような方も少なかったでしょう。

 

 

しかし、世界を見渡せばどうでしょうか?衣食住に困り、生命の危険に晒されている方は、数多く居たでしょう。

日本での当たり前が当たり前となり、意識すらしないからこそ、運が悪いと答えてしまうのです。

逆に、当たり前に感謝できる方は、運が良いと答えます。勘違いをしてはいけないのは、たまたまラッキーが起こるかどうか、を重要視することではありません。

 

不幸も感謝に変える

 

 

どんな人生を送ってきたにせよ、あなたは十分「運が良い人」なのです。

そして、運が良いという当たり前に気が付けたら、自分を好きになって下さい。そうすれば、どんな状況にあっても、明るくて、素直で謙虚という姿勢を保ち続けることができます。

不平や不満を言わず、不幸な状況が起こっても、それを感謝に変えて、明るく語れるような人なら、将来的に成功は約束されています。

 

 

周りの方も、そんな素敵な方を応援したい、と思うようになり、助けを受けた方も支援して頂いた方や、後輩などに恩返しするので、素敵なサイクルが回り始めます。

私自身、とある事情で一部上場企業を辞めたとき、これは起業できるチャンスだ、と思いワクワクして、話したら色々な人に助けて頂いた経験があります。

不幸も幸福も紙一重です。どういった考え方で、物事をどう捉えるかによって、作っていける未来が違うので、素敵な考え方を学んでいきましょう。

 

運は何を運んでくる?

 

 

ビジネスをしていく上で、運は人によって運ばれてきます。運の良い方は、自分よりも目上の方から、引き上げて頂くことが多いです。

それは偶然じゃないの?と思われる方。あなたの周りには、何をしても上手くいかない人は居ませんか?そんな人は、自分だけが得をすれば良いという身勝手な傾向があります。

そうした人は同じような身勝手な人を引き寄せてしまい、自分の人生だけでなく、周りの人にも迷惑を掛けてしまいます。

 

 

ある成功者の教えを受けている友人Aさんが居ました。そのAさんは友人Bを成功者に会わせたいと思いました。理由は、Bさんの経営している会社が上手くいっていなかったのです。

そこで、Aさんが成功者の方に相談をして、Bさんが良くなるように会ってお話をする機会を作りました。

成功者の方がBさんと会ったときに伝えたはじめの言葉が、「私は運の悪い人とは会いません」ということでした。Aさんの頼みだから仕方ないから会うけど、Aさんには絶対に迷惑を掛けるな、と話したそうです。

このことからも解るように、運は自分の考え方から作られていくものなのです。

 

まとめ

 

 

運とは何に焦点を当てるかで「良いor悪い」という感じ方が変わり、それは考え方というフィルターが決定しているので、幸運を自ら作っていける考え方を持つことが重要です。

運は人を運んできます。運ばれてくる人は、自身の考え方によって決まり、自身の将来に影響を与えます。こうしたことから、運=考え方が作っていくと言えます。

皆さんも良い考え方を養っていきましょう。

ライン@登録はこちら

ライン@から副業・起業相談、無料で受け付けております。

「ひとまず話を聞いてほしい!」でも結構です。ご遠慮なく仰ってくださいね。

その他、勉強会やお得なイベント情報も不定期でお知らせしております。

おすすめの記事