成功者と聞いて、かつての自分は悪いイメージを持っていました。例えば、テレビでイメージされている成金のような方、どこか偉そうで嫌なヤツという感じです。

同じようなイメージを持たれた方は、本当の成功者の姿を知りません。成功者の方は、非常に人格レベルが高く、日々を幸せに暮らしています。

成功者が普段明かさない時間の使い方を、お伝えしていきます。これを実践することができれば、あなたも1年間で38倍の成長は間違いないです。

 

その発想はなかった!成功者の時間の使い方

 

 

もし、皆さんが時間の自由を手に入れることができたとしたら?自分や家族、子供に使いたいと思う方が大半だと思います。

よく聞くのが、海外旅行に行ったり、自分の趣味の時間に使ったり、家族や子供との交流の時間を沢山持ったりというものです。

 

 

しかし、成功者の時間の使い方は、私の思う以上の使い方をされていました。それは、周りの人々や社会に時間を使うということでした。

自分の関わりのある方を、良い方向に導いたことをされたことのある方は、成功者の要素を十分にお持ちの方でしょう。

では、社会に時間を使うことをイメージされている方は居られますか?私の知る成功者の方は、この視点で物事を考えています。

 

何者でもないときから大物思考

 

 

私の知る成功者の方は、何者でもないときから、大成功者の師匠から大物になれという言葉を頂いたそうです。

それは、自分事だけで物事を捉えるのではなく、三方よしという視点でした。

三方よしについては、下記の記事で説明していますので、ご覧ください。

https://okage101.com/self-enlightenment002/

 

この考えを持つ方は、時間の経過と共に、自分のステージをどんどん上げていき、人格レベルの高い成功者同士で集まるので、より人生が充実します。

そして、マズローの五段階欲求である、自己実現を果たし、他人から承認されて、社会にとっても必要な存在になり、幸せな人生を送っています。

 

成功者は規律の奴隷

 

 

成功されている方も、初めから成功されている訳ではありません。実は、成功者は、その時間の使い方にも秘密があったのです。

人は、つい時間を無限にあるものと考えてしまいます。しかし、成功者は逆です。時間ほど大事なものはないと考えています。

だからこそ、約束事はもちろんのこと、自分に課したルールを破りません。

 

 

自分に課したルールとは、例えば朝〇時に起きて本を読む、というようなことです。普通の人は、ついつい、今日はいいや、と流されてしまい、次第に自分に課したルールを破ってしまいます。

しかし、成功者は違います。そうして、自分に課したルールを次々とクリアしていき、1年後、2年後…数年後には、圧倒的な成長をするのです。

 

 

これは、「1.01と0.99の法則」からもわかることです。

一日の成果1.01に365日を乗算させた結果、1年後には37.8倍に成長します。逆に少しずつさぼった0.99に365日を乗算させた結果、1年後には0.03と元の数字より小さくなってしまいます。

だからこそ、成功者は規律の奴隷となるのです。

 

まとめ

 

 

成功者になるためには、自分事の視点だけでなく、社会の視点を身に着ける必要があります。そのためにも、自分は大物であるというスタンスを持ち続けることが大事です。

好きなときに好きなことをする。それができるからこそ、成功者は規律の奴隷になっているのです。

ライン@登録はこちら

ライン@から副業・起業相談、無料で受け付けております。

「ひとまず話を聞いてほしい!」でも結構です。ご遠慮なく仰ってくださいね。

その他、勉強会やお得なイベント情報も不定期でお知らせしております。

おすすめの記事