ノウハウコレクターやセミナージプシーという言葉があります。

色々なノウハウなどの情報商材を購入したりセミナーに出たりして、結果が出ないのでまた別の情報商材やセミナーに出席するという方です。

勉強熱心な方は、残念ながら結果が現れません。

これを読んだ後、あなたは勉強の時間を短縮して、結果が出る確率が大幅に上がります。

 

選択と集中

 

 

副業を決めるうえで1番大切なのは、あれこれと手を出さないことです。もちろん、それで結果が出る方は構いません。

しかし、ちょっと副業→結果が出ない→諦める、こういったサイクルで次々に色々なジャンルに手を出している方は危険です。

色々試されている方は、「勉強するもの」と「勉強しないもの」を決めることをオススメします。

 

 

「剣山の法則」という言葉があります。簡単にいうと、剣山を紙に当てても貫通させるのに大きな力が必要です。しかし、1本の針で紙を突けば、小さな力でも簡単に貫通するということです。

副業でも同じです。いろいろな副業にチャレンジするよりも、自分がこれだと決めた1つのジャンルに絞って力を入れた方が、結果が出やすいということです。

 

勉強と実践

 

 

サラリーマンは忙しいから勉強はあまりしないで下さい。ノウハウコレクターやセミナージプシーの方は、勉強という罠にはまっています。

それは、勉強をすると行動をした気になります。それに満足をしていると結果が現れません。

一方、結果を出す方は、勉強をしたあとすぐに実践します。

つまり、インプットをするときは、アウトプットを前提とした勉強にしないと、結果が出ないのです。

忙しいサラリーマンは、多くの勉強をする必要はありません。少し勉強をしたら、すぐに実践を試してみて検証することが重要なのです。

 

速度を意識する

 

 

結果の出る方は、インプットからアウトプットのまでの時間が短いです。思い立ったらまずは行動しています。

逆に、行動の遅い方は、予定を後回しにしてしまいます。また、緊急を要する行動でなければスケジュールも書かない方が多く、結果的に忘れてしまいます。

今すぐ行動ができない場合は、自分のスケジュールに書き込んで行動ベースまで落とし込んでいます。

行動を速めるということは、数多くのチャレンジができるということです。

1年に1回のチャレンジをしている方と、1年に100回のチャレンジをされている方では、後者の方が成功確率は高くなるのは当然です。

成功されている方は、それだけ数多くのチャレンジや試行錯誤をしてきた方なのです。

 

まとめ

 

 

副業を決める上で重要なのは、選択と集中です。たった1つのジャンルで自分の力を出し切り、後悔がないくらいチャレンジしてみましょう。それでも結果が出なければ、次のチャレンジをするのです。

勉強だけをするのではなく、実践をしましょう。そして、行動の速度を意識しましょう。そうすることで自然と成功確率が上がります。

 

ライン@登録はこちら

ライン@から副業・起業相談、無料で受け付けております。

「ひとまず話を聞いてほしい!」でも結構です。ご遠慮なく仰ってくださいね。

その他、勉強会やお得なイベント情報も不定期でお知らせしております。

おすすめの記事