先日、モデル就業規則についての記事を書きました。

 

 

この記事の中では、国が長時間労働時間を認めてしまうと、ブラック企業ならぬブラック国家になる危険性を書きました。

実は、これは大きな罠なのです。一部の人たちは、こうした流れから、チャンスを掴むのです。この記事を読めば、多くの人が陥ってしまう間違いと、オーナー型収入への道筋が見えるでしょう。

 

サラリーマン=時間

 

 

サラリーマンの常識を改めて振り返ってみます。

就業規則にもあったように、サラリーマンは労働時間が決められています。

定められた給料が前提としてあって、日々与えられた業務をこなしていれば、その給料をもらうことができます。

中には、所定の時間さえ机と向かっていれば、インターネットを楽しんでいても給料がもらえるような方もいるでしょう。

また、残業をすれば、(ホワイトなら)残業代が付きますが、仕事が早く終わったからといって定時より早く退社することは許されません。

このことからサラリーマンは労働の時間=収入なのは間違いないでしょう。

 

事業的な副業の捉え方

 

 

では、副業はどうでしょうか?

もちろん、サラリーマンのように労働時間=収入という性質の副業も数多くあります。その一方で、自らがリスクを取って収入を生み出していく事業的な副業もあります。

事業的な副業については、自分の判断で好きな時間や、好きなようなやり方でできるものが多いです。

このことから事業的な副業は、労働の時間=収入ではなく、相手に価値を与えた結果=収入になることが解ります。

サラリーマンの時は、無駄な時間をわざと作り、残業代狙いで残業をしていた方もいるかも知れませんが、事業的な副業では時間に捕らわれることがないので、最短効率を目指せばいいのです。

その結果、時給5000円の結果が出すことができれば、年収1000万円となるのです。

 

オーナー型収入の門戸が開かれようとしている

 

 

実は、本業で安定した労働収入を稼ぎながら、事業的な副業で時間に縛られない収入を得ることは、オーナー型収入への道筋なのです。

時間に縛られない収入にチャレンジすることで、経営者の目線と資金を作り出せる可能性が非常に高いです。

副業である程度の収入が確保できたら、本業は必要ないでしょう。むしろ、本業の時間を副業に充てることでより大きな収入になるでしょう。

 

 

このように、本業と事業的な副業の組み合わせは、事業1本でやるよりもリスクが少ないです。大きなリスクを取らずとも、労働の質を変えることで、ストックビジネスやオーナー型収入を目指せるのです。

事業的な副業を選択すると、オーナー型収入への道が開けるのです。

しかし、労働時間=収入の副業を選択してしまうと、時間ばかりが取られていく労働になってしまうでしょう。これが多くの人が陥る罠なのです。

 

まとめ

 

 

サラリーマンは労働の時間=収入ですが、事業的な副業は相手に価値を与えた結果=収入となります。

本業での定められた給料が前提にある上で、事業的な副業で時間に縛られない収入を得ることは、リスクが少ないです。

本業<事業的な副業となった場合は、選択肢として副業を本業にして独立しても良いでしょう。

労働収入+事業的な副業でリスクを抑え、起業や、将来的にはオーナー型収入への道を目指してみませんか?

ライン@登録はこちら

ライン@から副業・起業相談、無料で受け付けております。

「ひとまず話を聞いてほしい!」でも結構です。ご遠慮なく仰ってくださいね。

その他、勉強会やお得なイベント情報も不定期でお知らせしております。

おすすめの記事